トップ  > Blog&コラム  > ファシリテーションとは

株式会社メタノイア ー 私たちは、自己変容・自己変革につながる根本的な認識の転換[メタノイア]のご支援を通じて、人と人、人と組織、人と社会、人と自然が、愛情あふれる調和の関係に至るためのお役に立ちたいと考えています。ダイアローグ(対話)やホールシステム・アプローチの考え方を中心に、人と組織の可能性を広げるお手伝いを行っています。

ファシリテーションとは

ファシリテーションとは、
 ファシリテート(facilitate):容易にする、簡易化、助成、助長  から転じた言葉。

以下、「ファシリテーションとは」に触れられている書籍等の抜粋です。
どこに軸足を置くかで発揮される場所が変わるので、ファシリテーターそれぞれの捉え方があるようです。

▶ 対話を始めとする「人と人が関わる場を促進する」ことすべてがファシリテーション
 人は人と関わる中で自分や他人を知り、学習や成長をしていきます。さらに、互いの意見や行動を調整するために合意形成をしたり、一緒になって問題解決を進めていきます。そんな場に関わって、互いの主体性と相互作用を高め、個人、グループ、組織、社会の発展を促進するのがファシリテーションなのです。
 その中で、主体的にその役割を担う人を「ファシリテーター」と呼んでいます。
 (「対話する力」中野民雄・堀公俊 日本経済出版社 p35 )

▶ 10年以上にわたって日本におけるファシリテーション教育に携わっている草分け的存在の黒田由貴子氏は、ファシリテーションを次のように定義している。
  ①中立な立場で
  ②チームのプロセスを管理し
  ③チームワークを引出し
  ④そのチームの成果が最大となるように支援する
  (「ファシリテーター養成講座」森時彦 ダイヤモンド社 p7)

▶会議を創造の場に:ファシリテーション・スキル
 「中立的な立場で、チームのプロセスを管理し、チームワークを引出し、そのチームの成果が最大化するよう支援すること」
  (「組織開発ハンドブック」ピープルフォーカス・コンサルティング 東洋経済新聞社 p134)

▶ 「ファシリテーション」とは、協働創造型へと進化した会議のこと。ファシリテーションのプロセスを仕切る人を「ファシリテーター」と呼ぶ。本書では、ファシリテーションのプロセスの流れを、実践的に体得できるように、「巻き込み→ぶつかり→意味づけ→軸出し→結び」の5つのステップで説明する
  (「ファシリテーションの教科書」名倉広明 日本能率協会マネジメントセンター p6)

▶ファシリテーションとは
ファシリテーション(facilitation)とは、人々の活動が容易にできるよう支援し、うまくことが運ぶよう舵取りすること。集団による問題解決、アイデア創造、教育、学習等、あらゆる知識創造活動を支援し促進していく働きを意味します。その役割を担う人がファシリテーター(facilitator)であり、会議で言えば進行役にあたります。
  (日本ファシリテーション協会 HP)


▶ファシリテーションとは
「まとめる」「仕切る」「引き出す」などなど、10人いたらきっと10通りの言い方があるはずです。 でも共通しているのが、対象が個人ではなく「グループ」であること。つまり目の前に2人以上のメンバーがいて、何かのゴールを目指そうとしている。 そのプロセスをいかに易しく効率的に演出していくかが「ファシリテーション」、その担い手が「ファシリテーター」と言えます。
  (国際ファシリテーション協会 HP)
 

facebook