トップ  > staff blog  > スタッフ閑話:『伝わる・揺さぶる!文章を書く』~考えるということ~

株式会社メタノイア ー 私たちは、自己変容・自己変革につながる根本的な認識の転換[メタノイア]のご支援を通じて、人と人、人と組織、人と社会、人と自然が、愛情あふれる調和の関係に至るためのお役に立ちたいと考えています。ダイアローグ(対話)やホールシステム・アプローチの考え方を中心に、人と組織の可能性を広げるお手伝いを行っています。

スタッフ閑話:『伝わる・揺さぶる!文章を書く』~考えるということ~

山田ズーニーさんの、『伝わる・揺さぶる!文章を書く』を読んだ。

こうやってスタッフブログを書いたりしているけれど、
「文章を書く」ということを深く考えたことはなく、
今更ながらに「文章を書くとはどういうことか?」という問いにぶつかった。

山田ズーニーさんの文章がとても好きで、
更に、この本は良書として紹介されていることも多く、
今回手に取るに至ったのだけれど・・・。

良い。とても良い。
語彙力のない自分が恨めしいが、読んで良かったと思う一冊だった。

「機能する文章の書き方」「望む結果を出す文章」が本書の目的と著者は書いている。
ここでは「文章」にスポットが当たっているけれど、
書かれていることは「考え方」であり、「人と人との関わり方」であった。

チームや組織、そこで働く人と関わっていると感じる、「問い」の重要性。
良い「問い」を立てることができると、人は考えることができる。
あ~、私、考え方を知らなかったんだな、とこの本を読んでいて気付いた。
そして、考えたことを望む結果に結びつけられるように外に出す(=書き出す)ということ。

それはまるっと、人との関わりにも当てはまる。
自分で感じ、考えたことを正直に、言葉を使って音で出す(話す)か、文字で出す(書く)かの違い。
自分の感じたこと、考えたことを出すときは、必ずそこに自分の意図がある。
その意図やそう考えるに至った背景は、しっかりと相手に届いているだろうか?

文章は私的な日記などでない限り、読む人がいて成立する。
それは話すことも同じで、相手がいて初めて対話が成立する。

話すときには、書くという行為よりもより考える時間は短いだろうし、
毎回毎回考えていたら立ち行かなくなるのかもしれないけれど、
「私が一番言いたいことは何か?」
「何がどうなることを目指すのか?」
「私の根底にある想いは何か?」
この問いをできる限り自分に投げかけるクセをつけようと思う。
ローマは一日にしてならず。鈍った考えるという筋肉を鍛え直さねば。

最後に、この本のプロローグに書かれている、心に残った一文をご紹介。

『自主的に″考える”ことを放棄して、その結果、苦しんでいるように見えてしかたありません』


スタッフヤマモト
 

facebook