トップ  > Blog&コラム  > 第12回 聴話の会

株式会社メタノイア ー 私たちは、自己変容・自己変革につながる根本的な認識の転換[メタノイア]のご支援を通じて、人と人、人と組織、人と社会、人と自然が、愛情あふれる調和の関係に至るためのお役に立ちたいと考えています。ダイアローグ(対話)やホールシステム・アプローチの考え方を中心に、人と組織の可能性を広げるお手伝いを行っています。

第12回 聴話の会

平成最後のお正月も終わりましたね!(最近、「平成最後の○○」ばかりですね!)
改めまして、皆さま2019年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

新年最初の聴話の会は、スタッフ含め5名での開催となりました。
初参加の方、複数回来てくださっている方、一期一会のこのメンバーでスタートです。
今回は、皆さんから「ここにいる皆さんに聞いてみたいこと」をいくつか挙げてもらい、
その中から二つほど選んで話をしていきました。

選んだテーマは「人と比較したり嫉妬したときの気持ちをどう解消しているか」「自分が思う『私らしい』って何?」

まず思ったことは、「聞いてみたいこと」にも普段から自分が大事にしたいと思っていることが表れるんだなぁということ。
自分の心の動きに意識を向けている人、楽しいことや自分らしいといった「大切にしたいこと」に意識を向けている人、それぞれの想いが表現されていました。

今回のメンバーの方々は、自分の中で沸き起こった感情を冷静に見ていらっしゃったのも印象的でした。私なんかはすぐに感情に引っ張られてしまいますが・・・引っ張られそうになる自分がいることを認めて、その上でどうしようか?と自己開示できる皆さんに、改めてすごいなぁと敬服します。
また、自分と違う受け止め方をする方の意見に対しても、「へぇ、そうなんだ!」とそのまま受け止めていらっしゃっていました。
聴話の会では、「相手の意見を否定・評価しない」というグラウンド・ルールを設けていますが、皆さんが自然と実践してくださったおかげで、本当に温かく相手を受け止める場になりました。

今年はもう少し、内省できるような場にもしていきたいなと思っています。
また次回、どんな場になるか楽しみです。

心に残ったフレーズ
・人と話して違いを知ると、「私はどう感じているんだろう」と思う
・100人の人が不快と思うようなことを不快と思わない人がいたとしたら、その感覚を学びたいと思う
・良い悪いではなく、エネルギーで考える
・人はみんな、弱い
・「私は○○と思う、感じる」と私を主語にして伝える


スタッフヤマモト
 

facebook