トップ  > staff blog  > スタッフ閑話:より良い話し合いの場を作るために~参加者編~

株式会社メタノイア ー 私たちは、自己変容・自己変革につながる根本的な認識の転換[メタノイア]のご支援を通じて、人と人、人と組織、人と社会、人と自然が、愛情あふれる調和の関係に至るためのお役に立ちたいと考えています。ダイアローグ(対話)やホールシステム・アプローチの考え方を中心に、人と組織の可能性を広げるお手伝いを行っています。

スタッフ閑話:より良い話し合いの場を作るために~参加者編~

シリーズ・より良い話し合いの場を作るために
本日は参加者編です。(前回当日編と書いたような・・・?)
 

◆参加者◆
 
さて、参加者とは誰を指すのでしょうか?
また「参加」とはどういうことでしょうか?「出席」とは違うのでしょうか?
 
上の二つ(三つ?)の問いに答えは出たでしょうか。
それを踏まえて最後の質問です。
 
「参加者」に話し合いの場でどうあって欲しいと思いますか?
 
例えば、参加者にしっかり意見を述べてもらって話し合いを進めよう、と思っていたとしましょう。
事前準備編で進め方を考えていただきました。
準備した進め方の中に、参加者が意見できる時間は確保されているでしょうか?
さらに、参加者にどうやって意見を述べてもらう予定でしょうか?
その方法は、参加者が意見を述べやすいと思えるものでしょうか?
 
「○○さん、意見はありますか?」と聞いて、意見が述べられるかどうか、それは人や場によって異なります。意見は出なさそうだな、と思ったら、何か工夫が必要になりますね。
参加者の方々を思い浮かべて、その方々が意見を述べやすい場を作ること、それが大事です。
 
 
◆参加者の姿勢◆
 
前項は、話し合いの場を設計する側からの視点でした。
この項は、話し合いに参加する側の姿勢についてです。
 
 「つまらない会議だったなぁ」
 「この話し合いに参加する意味あったかな」
 
こんな感想を持ったことはありませんか?私もこんな感想を持ったことは一度や二度どころではなく、「話し合いとはつまらないもの」と思っていました。
 
では、話し合いの場を形作るのは誰でしょうか?
 
主催者だけでは、話し合いの場は成り立ちません。参加する人がいるから話し合いの場が成り立つのです。
参加する人は、参加者としてより良い場を創るために、どんな貢献ができるのか、意識を持って臨んでみることが大事です。
なぜなら、自分もこの話し合いの場を作る一人だからです。

「つまらない会議だったなぁ」と思った時、ちょっと視点をずらしてみてください。
自分もその場を一緒に作っていた一人であり一因です。
より良くするための働きかけを「自分は」したんだろうか、より良い話し合いの場になるために「私は」貢献できていただろうかと自問することも必要です。
 
みんながそんな意識で参加していたら、より良い話し合いの場ができることでしょう。
 
 
スタッフヤマモト

facebook